インプラントの市民権 7月 22, 2017

近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。
セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
美的センスに加えて、熟練したスキルを持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解です。
虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくというのもありえます。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。
全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。
お勧めの歯磨き粉

タグ:
カテゴリー 健康